障害者用自転車としてのリカンベント・トライク

片脚のマヒのせいで、通常の自転車では、バランスをとることができないので、リカンベント・トライクに乗っている。
リカンベント・トライクと言っても、なんだ、それは食べられるのか、と言われそうなので、画像が載ったページを紹介する。
HPVelotchnik Gekko Fx : 未来の乗り物?世界のおもしろ自転車10選 - NAVER まとめ

乗車ポジションが得意で、ちゃんと漕げるのか、と疑問を持たれそうだ。集団登校中の小学生に呼び止められて、その自転車は脚が疲れるだけじゃないのか、と聞かれたこともあるが、別段そういうこともない。

姿勢が低いから、通常の三輪自転車(よく年配の人が乗っているものだ)より転倒しにくい。
また、これは重要なことだが、かっこいい。バリアフリー製品、障害者向け商品は、デザイン二の次、はっきり言えば「ダサい」ものが少なくなく、使用意欲が減退するほどのものもある。日本は「モノづくり大国」とか言われているのに、と思ってしまう。リカンベント・トライクにしても、日本製のものをみたことがないのだ。